小6の子も中3の子も、同じ問題でつまずいている。

「先生、 問題が変です」

小6の子が、困惑した顔でやって来ました。持ってきた問題は、
「原価の20%増しの定価をつけた商品を、20%引きで売ったら12円損しました。原価はいくらでしょう。」

 

20%増やして、20%減らしたら…  元に戻るはず。損するのはおかしい。どうして損するの?

 

小学生ばかりではありません。中3受験生でも同じです。 3年生を大いに困らせている問題のひとつ。「8月の水道の使用量は、7月より25%増えました。9月の使用量を7月と同じにするには、9月は、8月より何%減らせばいいでしょうか」という問題です。

 

「25%増えたんだから、25%減らせばいいんじゃね」とほとんどの子が考えます。

 

エエッ???  小6の子と、中3の子が同じ問題で困っている!?

 

中3生の方が学年が上だから、当然 難しいことを勉強しているはず。確かにそうですが、しかし、つまずく点は、学年に関係なく同じです。イヤ、小学校の時につまずいたままになっているという言い方が正解に近い言い方です。

 

今、小5以下の子は、これから習う「割合」・「単位量」は、じっくりと時間をかけて、『本当に理解できた』まで高めてください。人生が変わりますといっても大げさではありません。だって、ほとんどの子ができないまま中学生になる訳ですから。

「割合」・「単位量」は時間をかけろ

学校の授業は、本当に不思議のもので、大切なところほど、すぐに終わってしまいます。これまで教えて来た経験で言えば、「割合」・「単位量」の単元をマスターするのに普通2~6ヶ月かかります。ところが、学校は1ヶ月弱程度で、次の単元に進んでしまいます。未消化のままになってしまって当然です。

 

で、実際、消費税も計算できない子が、いっぱいという状況になっています。そういえば、消費税が8%の頃、中3生が修学旅行で、東京に行きました。あるお店で、子どもたちが買い物をして、お店の店員さんが、計算を間違えて、その子は言われるままに、お金を払ったそうです。(この子は消費税を計算していない。できない。え? もしかして店員さんも!?)。

 

後日、そのお店から、中学校に多くもらった分が送り返されて来たそうです。日本はいい国ですねなんて微笑んでいる場合でしょうか?

先の2題が、「?」なら

小6以上の人で、先の2題が、「?」なら、割合は本当に理解できていません。カッコ悪いと感じるかもしれませんが、—本当はそんなことありません–今、理解できるまでもう一度挑戦しましょう。

 

実は、%や割合は、思っているほど難しくありません。下手に習って、難しいと思い込まされただけです。これからも、%や割合が出てくる問題は、いろいろなところでたくさんあります。

 

もう、苦しい思いをすることは終わりにしょう。次回、簡単な解決方法をご紹介します。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。