合格への第1歩   「3年になったらやる」ために必要なこと

3月4日 公立の入学試験です。と言うことは、2年生は、完全に残り1年となったと言うことです。「まだまだ先のこと」と思いたいですが、もう先の話ではありません。

 

中3生の春は、新学期、ゴールデンウィーク、修学旅行、そして、中総体と、大切な行事が目白押しです。「3年になったらやる」と思っていたはずなのに、いろいろと忙しく気がつくと、 6月の前期中間テスト直前になっていたなんて言う先輩がたくさんいました。

 

ほとんど何の進歩もないまま、あっと言う間に3~4ヶ月が過ぎてしまった。1年の4分の1~3分の1も、進歩がないまま過ごしたら、ほぼ負が決定してしまいます。

 

だから、「3年になったらやる」ためには、今、解決しないといけない問題があるのです。それは、あなたの考え方です。

 

2月の期末テストの時も、そんな人がいました。どんな人かというと、「時間がない」からできないという人です。

 

時間が余って余って仕方ないから、勉強でもするかと考えている人がいると思いますか?

 

時間はみんな「ない」のです。その「ない」時間を『どうやりくりするか』が、「3年になったらやる」を実現するために絶対に必要なことです。

 

自分の今週1週間の時間の使い方を記録します。それを、眺めて、無駄な時間がないか。やる順番を変えられないか。

 

そのように考えて、「時間」を見つけて、何を優先しないといけないのかを自分に問い続けます。

 

「3年になったらやる」
具体的な行動の変化になって現れないと、3年になっても、何も変わりません。いや、何人かは、3年になったらやるを実現するでしょうから、その分、下がると考えていた方がいいです。

 

「3年になったらやる」には、
具体的な行動の変化が必要です。で、入試まであと1年になったということは、4月ではなくて、今がその時だということです。

 

英語を自分の味方にする!

英語長文対策を冬休みから始めています。

今の3年生の1月(志望校テスト最終回)の英語の成績を公開しましょう。今の3年生も、中2の12月に英語長文対策を開始しました。これまで予定通りテキスト3冊目をこなした人の英語の平均偏差値は65.3。2冊目を進行中の平均偏差値は54.8です。
今だ、1冊目の人も数人います。成績はあまりにひどくて発表できません。

 

この判定テストでの仙台三高の合格ラインは64、二高の合格ラインは67です。そのレベルのテストで、これだけの偏差値を出しています。偏差値70を超えている子も4人います。これが、中2の12月から英語長文対策を真剣にやった人の力です。

 

先日、本番の入試の時でさえ居眠りする子がいるという事実をお知らせしましたが、それは、ほとんどは英語の時間に起ります。英語は昼食を食べた4時間目です。長文読めないし、やれることがない。入試の最中なのに、寝てしまうんですね。

 

宮城の英語は、初見の長文を12分程度で読んで答えを出す力をつけないと点が取れません。しかし、逆に英語は、科目の性質上、実力がついて高得点が取れるようになるといつも高得点が狙えるありがたい科目です。

 

数学は、科目の性格上、得意な子でも点が上下することがあります。(1)の答えを使って(2)を答えるなどの問題形式なので、1つ間違うとまとめて2.3題、間違うことがよくあるためです。

 

英語は、ありがたいことにそういうことがない科目です。それに、第一、数学のようにセンスがいらない。中学英語なんか、やった時間に比例するといっても言いぐらいです。

 

英語の成績は、どのぐらい時間をかけたかが勝負です。まだ、まだ始まったばかりです。これから、何度か壁に当たると思いますが、そんなときは、がっちり支えます。乗り越えていきましょう。

 

そうすれば、英語は安定して高得点を取れる頼れる科目になりますし、高校に入ってからも英語で困らなくなります。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。