高校受験成功のポイント 1番最初にやる1番大切なこと 合格に導く最大のサポート

いよいよ受験の季節です。

2月の上旬には私立の入試が始まります。

 

受験を中心に考えれば、
この段階で学年が一つ上に
上がることになります。
2年生は、あと1年になったということです。

 

入試直前ともなれば、
3年生は、さぞかし一生懸命やっている
のだろうと、想像されると思いますが、
それは「ちょっと待った」です。

 

実際に学校の様子を見てください。

 

「これが入試直前?」と
目を疑いたくなる子がたくさんいますから。

 

さらには、
びっくりしないで聞いてくださいね。
公立の本番の入試の最中に、
居眠りする子もけっこういたりします。

 

そんな子達も、
1年前は「中3になったらやる」と
言っていたのです。

ところがでした。

 

今、我が子のそんな言葉に
期待されているなら、
今日は敢えてイヤな話をさせてもらいます。

 

その言葉を鵜呑みにしていると、
「これが入試直前?」
になる可能性があるからです。

 

何がわかっていなかったのでしょうか?

「いつまで幼稚園の砂場で遊んでいるの?」
と子どもをからかうことがあります。

 

まぁ幼稚園の砂場は、冗談ですが、
しかし、中学2.3年生でも、
小学5,6年生と見えている世界は
さほど変わってはいません。

 

でも、口では一人前のことを
言うようになりました。

 

だから、それなりに
「わかっているだろう」と
こっちも思ってしまったり
している訳です。

 

なぜ、勉強するのか。
○○高校と□□高校では、
将来どんな差になるのか。

働くってどういうことなのか。
世の中にはどんな仕事があるのか。
世の中はどんな仕組みでうごいているのか。

 

こんなことを踏まえて、
こちらは「わかってる?」と
聞いている訳ですが…

 

どうも、
子どもは同じ土俵の上にいないようなのです。

 

まぁ、子どもの立場から言えば、
無理もありません。

 

実際、世の中に出たことも
働いたこともありませんから。
わかりようがありません。

 

子どもがよく言うせりふを借りれば、
「まだ習っていない」ですね。
でも、発言は「わかっている」なのです。

 

高校受験成功のポイント

口では「わかっている」と言いながら、
一人前の事を言う子を、

 

どうやって『大人』と同じ
土俵の上に上げていくか。
ここに高校受験成功のポイントがあります。

 

その意味で言えば、
大学受験は本人の力。
中学受験は親の力。

 

そして
高校受験は、
本人+親の力なのです。

 

「これが入試直前?」の先の3年生たち。
この時期までくれば本人たちにも、
もう【ある結果】は見えています。

 

たぶんテストが多くなった秋ぐらいから、
なんとなくは感じていたと思います。

 

でも、
もうどうにもならない。

 

だから、入試目前の今でも、
やる気は起きません。

 

むしろ
目を背けたい気持ちでいっぱいでしょう。
そんなはずではなかったのに。

 

だから、今から機会あるごとに、
いろいろ刺激を入れてあげてください。

 

会社の仕事のこと、テレビのニュースのこと、
スポーツ新聞のネタだってOKです。

 

大人の社会で話題になることを
少しずつ、ぶつけて行きましょう。

 

そうしないと、いつまで経っても、
子どもたちは、小学校5,6年生と
ほんとど同じような世界に
ズ~といます。

 

口では「わかっている」と言いながら。
「これが入試直前?」への道です。

 

難しく考える必要はありません。
まだまだ中学生ですから。

 

なぜ頑張るのか。
なぜ頑張ってほしいのか。

 

お父さん・お母さんの理由・考え方が
しっかり伝わればいいのです。

 

特に2年生の保護者の方には、
これからの1年間、
いや少なくとも半年間は、意識的に
そんな時間を作ることを強くお勧めします。

 

話のネタにご利用できる
サイトをご紹介します。

13歳のハローワーク

説明してあげる・一緒に調べてみる・
調べさせて報告を聞く
など方法はいろいろあります。

 

ネタもたくさんありますから、
定期的にハローワークタイムを
設けるのもいいと思います。

 

お父さん・お母さんが、
勉強の話から始めると、
「わかっている」で
逃げられてしまいますから。

 

一見、勉強の話ではないとことから、
ご自身の経験を交えつつ、

子どもの「へぇ~。そうなってんだ」との
反応を引き出して、
少しずつ少しずつ外堀を埋めていく要領です。

 

中3の夏前ぐらいに、
反応が変わってきたなと思えれば成功です。

 

急いで、
勉強の話にもっていくと上手くいきません。
スポース選手の話から入る方法もありますね。

 

まずはこんなところから、
子どもを土俵に上げることを始めてください。

口ではわかっていると言いながら、まだ支度部屋でウォームアップもしないでいますから。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。