受験を楽にする。 英語長文対策講座スタート

実際の入試問題 見たことありますか。

まず、英文の長さにびっくりするでしょう。一体どうしたら、あんなに長い文章を、しかも12~13分で、読めるようになるでしょうか。
教科書にはあんなに長い文章はありませんから、教科書の勉強だけでは、無理だと見た瞬間に理解できるでしょう。

【実際の入試問題は、このページの一番下にあります。】

「中3になったらやる」と思っている人も考えてみて下さい。中3になったら、部活を引退したら、自然に英語の力が上がったりする訳ではありませんよ。読めるようになる練習しなければ、読める力はつきません。

特別な努力した人だけができるようになるのです。では、何をすればいいのか?  そのための有効な特別な方法を、「えっ。今からやるの」と思っているキミに教えていきます。

{英語の公式}を長文対策の特別授業

学校では、教科書では、習わない長文の読み方。そして、その手がかりになる{英語の公式}を長文対策の特別授業で練習していきます。これで、入試で必要な10分で400字を読む力が付けられます。
1202%e3%80%80p01

英語長文で点が取れると、受験が楽になる訳

中3の12月に受験校を決めます。その時に10月、11月の実力テストの結果を参考にして決めます。だから中3の秋にはある程度以上の結果が必要です。

中3になってから始めた人は、一番時間がかかる英語の長文対策をやりながら、理科や社会の暗記科目にも時間を取らないといけません。だから、受験の勉強は辛くて厳しいものになります。

ところが、中3夏頃までに英語長文が読めるようになっていると、しかも、長文読解力は、一度力がつくと成績は高い所で安定する性質があるので、秋以降、余裕を持って他の暗記科目に時間を回せます。

だからますます優位な立場に立てます。今から英語長文対策を始めて、英語長文を読めるようにすることが、受験そのものを楽にする方法なのです。

長文が読めるようになった先輩たちの感想

先輩たちの感想を読んで、自分も長文がスラスラ読めるイメージを作ってから、 この講座を始めます。
英語の長文対策の感想

また、途中で、辛くなるときがあるかも知れません。そんな時も、長文が読めるようになった先輩たちの感想を読んで、 もうすぐ自分も「こんなことが言えるようになるんだ!!」と自分を励まして頑張ってください。

そして、来年、「英語はいつもいい点が取れたから、一番安心できる科目だった」なんて感想文を書いてください。

下に参考資料として、
①中3秋には先輩達の英語の偏差値を60以上にしてきた伝統と実績の英語長文対策講座のカリキュラム
②宮城県の英語の入試問題 を掲載しておきます。

①中3秋には先輩達の英語の偏差値を60以上にしてきた伝統と実績の英語長文対策講座のカリキュラム
1202%e3%80%80p03

マンガで見る長文対策講座

②宮城県の英語の入試問題
1202-p04-e0
1202-p04-e1
1202-p04-e2
1202-p04-e3
1202-p04-e4
1202-p04-e5
1202-p04-e6
1202%e3%80%80p02

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。