ドンドン成績が上がっていく子 小6 6月

ドンドン成績が上がっていく子

ある時期がくると、自分で勉強を始める子がいます。ドンドン成績が上がっていく子がいます。一方で、いつまでも、なかなかかわらない子もいます。

その違いは・・・

小5年夏からの1年間は、義務教育9年間の最大の上り坂です。

それを、問題を形の上から見ると、
5年前半まで : 1.6cmの厚さの本を42冊かさねたら何cmになりますか。
5年後半以降 : 16本で1280円のペンを9本買えば代金はいくらですか。

5年生の前半までは、問題文中に出てくる数字は2種類がほとんどです。だから、問題を読めば、足すのか、引くのか、かけるのか、わるのか、すぐにわかります。計算の1回でおしまいです。  

ところが、5年生後半以降の問題では、問題文中に3種類以上の数字が出てきます。ということは、問題文に出てきた数字同士の関係を考えることから始まります。計算を考えることは、その後になります。

考えるための道具をもっているか

しかも、そろそろ、分数が出ることが、当たり前になりましたから、数量関係を考えることが、整数の時よりつかみにくくなってきています。そこで、考えるためのツールが、上手に使えるかどうかが問題になってきます。ツールとしては、線分図・面積図が一般的です。

Maxの対応表は何にでも使える

ここにMax流の『対応表』を加えましょう。

子どもたちは、線分図・面積図より使いやすいといいます。学校の教科書には、『対応表』は載っていません。似たものはあります。これは、完全なMaxオリジナルではありませんが、Max流に加工して、子どもたちには扱いやすすいツールにしています。

去年の中3生で、数学が苦手な子でしたが、中3の12月ぐらいに、「先生、『対応表』って何にでも使えてカンタンでいいね。わかりやす」と言った子がいました。「だから、小5から教えている」と言ったら、「小5で、これが使えたら無敵ですね。戻りたい」と言っていました。

学校の教科書では、線分図・面積図で説明しています。ここからが大問題なのですが、その図を描けという問題はありません。教科書を確認してください(さらに、本屋さんで、学習参考書を覗いてみてください)。

子どもたちは、説明を受けるときは、それらの図を使って説明を受けますが、でも、書きなさいという練習がないので、なかなか自分で考えるための図をかけるようになっていないのです。だから、ツールが使えないままになってイルのです。

パッとすぐにできることが、できることと勘違いしている子がたくさんいます。

Maxは、ココに時間をかけます。

考えるための道具・ツールが使えない。このへんが、中学・高校生と学年が上がるほど、泣き所になってきます。いすれも小5の夏~小6の夏の1年間で学習します。「義務教育9年間の最大の上り坂」の由縁です。これらすべての単元で、『対応表』が使えます。

最重要中の最重要 「単位あたりの大きさ」「 百分率」「 分数と小数」「 分数のたし算とひき算」「速さ」を学習するさいに、書いて説明するだけでなく、自分で問題を解くときに、まず対応表をつくって、対応表をみて、何算をするかを考えるという手順で授業を進めます。

教科書で4ページしか無いのに。

小5の「分数と小数」という単元は、教科書で4ページしかありません。しかも、ここを習っているときは、簡単に思います。しかし、後から、大きな影響を与える単元です。ほとんど致命傷になっている単元です。

たとえば、何かの時にお子さんが、「割り切れない」と言ったらその例です。算数の後半、そして、数学では、4÷6 を割り算することは稀です。 と分数にして進んでいきます。

たったこれだけのことですが、何の抵抗もなしに自然に、分数で処理できるようになった子と「割り切れません」といっている子の差は、とてつもなく大きいものがあります。これが、後から伸びていく子とそうでない子の差です。

小学生~高校生までを教えているからわかる、考える力を伸ばす算数のポイント・ずっと伸びていけるポイント。

分数と整数のかけ算・わり算

考え方は、5年の時と同じです。ただし、小6では、整数だけでなく、分数や小数も出てきます。まずは、『対応表』の作り方の復習を、整数でやってみましょう。

対応表の作り方

例 : 「6個で300円の消しゴム1個の値段は何円ですか」

●同じ単位の数をたてに並べる

①,②は同じ関係。 ①は下から上に6倍(×6)だから、逆に上から下は÷6 ②も上から下は÷6になるから、 (答)300円÷6=50円   小6で、ここに分数が登場します。分数があってもまったく同じことをするだけです。

対応表での考え方

問題:「3リットルのガソリンで km走る自動車は、1リットルのガソリンで何Km走るか」    問題: 「米4L の重さをはかったら、kgありました。この米1L の重さは何kgですか。」

鶴ヶ谷教室  ☎252-0998 989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ☎295-3303 983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30