面倒くさいはバカの始まり

「面倒くさい」

子どもたちが、勉強で最初に「面倒くさい」と思うのは、小4の「大きな数のわり算」です。

 

たしかに、わり算は、他のたし算・ひき算・かけ算とくらべると、やることが多くて手間がかかります。 特に、わる数が、2けた以上になったりすると、本当に手数がかかります。

 

例えば、2788÷34 最初に、商の見当をつけることがまず大変。その後、かけ算して、ひき算して、また、商の見当をつけての繰り返し。途中で数回、スムーズに進まなくなると、「あぁ~面倒くさい」って感じになりますね。

 

この「あぁ~面倒くさい」が曲者。「できない」訳ではない。ただ、手間がかかるから「面倒くさい」だけ。

 

でも、しかし、

「面倒くさい」と言って練習量が減ると、残念だけどいつまでたっても、スムーズにできるようにはならない。そして、だんだん「面倒くさい」は、「嫌」に変わってくる。

 

勉強は積み重ねと言うけれど、実は、「できない」だって積み重ねでできている。「面倒くさい」を積み重ねて、「できない」になっていく。

 

覚える科目でも同じこと。例えば、英語の単語とか熟語とか、いっぱいあって覚えるのは本当に大変。「書て覚える」と言われるけれど、「書くこと」はもっと「面倒だ」。「あぁ~ 面倒くさい」

 

「面倒くさい」と思った時は

しかし、手間をかけないで、できるようになることは何もない。 真実はその逆で、手間をかけるから進歩がある。進歩したかったら、手間をかける。「面倒くさい」と思った時は、ここで手間をかけないとバカになると自分を励ます時なんだ。

 

「いい仕事してますねぇ~」って言葉があるけど、あれは、細かいところまで、見えないようなところまで、手を抜かないで手間をかけたことへの称賛の言葉なんです。「いい仕事」が、できるようになってほしい。今も将来も。

 

もう一つ、 こんな話もある。

うつ病を研究している大学の先生が、うつ病患者の真似をしてみた。例えば。こんな感じ。

 

{あ~あ、 いやだな}
{おもしろくない。つまらない}
{どうでもいいや。面倒くせ} と。

 

ある日のこと、助手の人が、「先生、もうすぐ学会です。 研究発表の準備をしないと」。それに答えて、この大学の先生、何と返事したと思う。

 

「何?  学会? 面倒くせぇ。いいよ、どうでも。どうせ誰も真面目に聞いてないし」

 

この先生、いつの間にか、本当のうつ病になっちゃった。人間の脳は、その人がよく口にする言葉を、本当のこととして、受け入れちゃうんだそうです。

 

みんなの中にもいるよね。「あ~あ、面倒くさい」とか、「無理、無理、無理。 絶対無理」とかよく言う人。

 

それって、どう言うことになるかと言うと、そう言うたび、自分の脳は、その言葉を「そうか。そんなんだ」と受け入れてしまう。と言うことは、自分で自分をマイナスの方向に引っ張っていることになる。

 

軽い気持ちで、例えば2ぐらいの気持ちで、「あ~あ、面倒くさい」と言ったとしても、脳は、50回も聞いているうちに、それを100ぐらいの真剣な感じで、「これは面倒なことだ」「私にはムリだんだ」と思ってしまう。そして真実以上に「面倒」「困難」になり、その結果、本当にダメになる。

 

「面倒くさい」と思いそうになったら、「ここで、手数を惜しむな」のサインが出たと認識して、自分で自分を励ましながらやる時なのです。

「面倒臭いはバカの始まり」 用心すべし。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。