オレの授業 おもしろいか

「先生の授業わかりやすい」 「おもしろい!」

以前、こう言われるのがとてもうれしかった。「やっぱり、おもしろいか、オレの授業」ってね。大満足。

父母面談でも
「ウチの子が、先生の授業わかりやすいって言ってます」なんて言われると、ご満悦!
「○○先生よりイイ」なんて言われると、喜び倍増、たまりませんでした。

でも、実は、 これではまったくダメだったのです。

成績を上がるポイントの核心部分には、まったく届いてもいなかったのです。
わかりやすい説明は、ただのプロローグでしかなかったのです。これに気がつくのに、ずいぶん時間がかかりました。
わかりやすいだけでは、成績は上がらない。問題の核心部分は、「成績が上がる」「子どもが変わる」ためには、何が必要かにあります。

「わかった!」と言っても、終わらない。

説明したあと、「わかったか?」って聞いて、子どもが「わかった!」と言っても、絶対にこれだけでは終わらない。
子どもが言う「わかった」の意味が、今では正確に理解できたから。

「じゃあ、自分で、解いてみよう」と同じ問題を今度は、自力で解くことを求めるのです。

まぁ、スラスラ解いてくれるのは、ほんの一握りの子だけ。

大部分の子は、「わかった」と言ったのに、 「 ? ? ? … 」って感じです。

これが、普通です。特別できないわけでも、不正直な訳でもありません。

子どもの「わかった」は、「話はわかった」であり、「できるようになった」ではないからです。

「話はわかった」「一人でもできるようになった」この感覚の区別は、相当にやり込んだ子でないと、持っていないものです。

口では、一人前のことを言うようになった子どもたちですが、ここの所は、こちらがしっかりと見極めないといけません。
これに気がつくのに、時間がかかりました。

だから今は、

1つの例題でも、小分けにしてポイントを説明したら、「ハイじゃ、ここの長さを計算してみて」と子どもの手や頭を動かして、
さらにノートを見て、内容を確認しながら、 一つ一つ進みます。そして、ようやく1題の例題の説明が終われば、今度は、すべて自力で「解く」ことを求めます。「わかった」を「できる」に引っ張ります。

その後は、名物の100点ドリル(2回連続で100点を取るまで繰り返し)で、初めて、できるようになったと認めています。
ここは、嫌がられても、時間を延長してでもやる。ここで引いてしまってはダメなのです。
当然、子どもたちはいろいろ手を変え、品を変え抵抗してきます。だから、私は、この人、言い出したら絶対に聞かないオーラをバンバン出しながら、

「何、もっとやりたいってか。そうか、まだ足りねぇ~か」

「よし。もっとやるぞ~」

って、対応します。この練習を徹底するから、成績を上げられるのです。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。