「めんどうくさい」は危険信号! 小4 5月

成績不振への道 めんどうくさい

わり算は、四則の計算の中で、子どもが一番めんどうがる計算です。そこで、ひとつの指標を示しておきます。

 

子どもが「めんどう」と言い始めたら、それはできなくなる前兆です。覚えておいてください。初めは「できない」,「わからない」ではなく、「めんどう」と言い始めることが普通です。

 

「めんどう」をそのままにしているとあっと言う間に、「できない」「わからない」になります。子どもが「めんどう」と言い始めたら、対策が必要です。

 

確かに、わり算は、他のたし算,ひき算,かけ算に比べて操作が複雑で、手間がかかります。でも、ひとつひとつは、難しいわけではありません。手間がかかるから「めんどう」なのです。

 

しかし、そのままにすれば、練習不足が原因で、「めんどう」が本当の「できない」「わからない」に変わることは、時間の問題でしかありません。

 

成績不振の道を突き進み始める子が、このあたりからハッキリ出てきます。

 

時間をかければできる

その次に心配な子は「時間をかければできる」という子です。計算ができるとは、エンピツが止まらないスピードで、進んでいくことです。

 

計算の途中で、7秒 エンピツが止まれば、計算の力にまだまだ問題ありです。計算は、どんな子でも、練習で必ず速く正確にできるようになります。

 

計算の遅い子、苦手な子は、今のうちに徹底的に計算練習をしましょう。毎日10題程度を、かかった時間を記録しながら繰り返します。毎日やると効果が上がります。

 

計算がたどたどしいのに、算数の文章問題が得意なんて子はいません。計算でまごまごしている子は、文章問題が出てくると、算数がとても嫌いになってしまいます。

 

100マス計算の方法

ご存じの方も多い100マス計算です。もう20年以上前からお勧めしています。こんなに有名になってビックリしています。小学生の計算力アップには効果があります。

 

ただしこの練習は万能ではありません。あくまでも計算力のアップのための練習です。算数のすべての力がUPするかのようなテレビ番組がありますが、それはちょっと・・・・という感じです。念のために。

 

100マス計算

1.左上隅に+、-、×、÷の記号を入れる。
2.左端と最上欄に任意の数を書き入れる。
3.子どもは、両者の数の交錯したマス目に答を書く。
4.時間の記録を取りながらやる。
5.100マスが大変な場合は、25マスから始める。
(市販されているものでも問題ありません。無料で使えるアプリもあります)

 


小学生~高校生までを教えているからわかる、考える力を伸ばす算数のポイント・ずっと伸びていけるポイント。

わり算の筆算

わり算を「面倒がる」子は、そのままにしておくと、確実に算数嫌いになります。よどみなくスラスラできるまで練習させましょう。

 

今はまだ、わる数が1桁ですが、秋以降は2桁になります。1桁でスラスラできるようにしておかないと、確実につまずきます。

「時間をかければできる」はできるとは言えません。計算ができるとは、エンピツが、止まらないで、進んでいくことです。計算の途中で、7秒もエンピツが止まるようでは×です。

 

計算がおぼつかない子は、今後必ず行き詰まります。しかし、計算は練習で絶対に早く正確にできるようになります。毎日、練習して下さい。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。