中3生 2月アドバイス 最後の1か月

ガ~ラ、ガ~ラ、ガ~ラ

チェーンをまいて走る車の音。

「先生、今日も5時間目突入ですね」
そう、4時30分からはじまった授業は
80分1コマでもう、5コマ目。
時計は10時30分を回っている。

 

それでも、次から次に持ってくる質問。
以前とちがって、「わかりません」ではなく、
ちゃんと考えた形跡がある。
気魄がこもった質問だ。

 

「あっ、この子、合格の匂いがしてきた。」
ゾクゾクしてくる瞬間です。

 

さて、ラスト1ヶ月。
どんなラストランを見せてくれるのか。
どんな歓喜の声を聞かせてくれるか。

 

楽しみです。
最後の最後まで力いっぱい頑張れ。

合格だ。

 

志望校検討 よくある相談①

合格しても、ついていけない?

合格できたということは、
ちゃんとやれば、大丈夫。
ついていけます。

 

いい方法を教えます。
普通、合格すると、
みんな勉強しなくなります。

 

でも、最初のテストまでは、
6月の中間テストまでは、
他の人より少しだけ多く
頑張ってください。

 

最初のテストで、自分自身が、
「やれる」と感じるか、
「難しい」と感じるか。

 

初めての先生や友達に、
「できる」と思われるか、
「できない」と思われるか。
ここで勝負が決まります。
大きな分かれ道です。

 

自分で「やれる!」と感じれば、
みんなから「できる」と思われれば、
「ついていけるか心配」
どころではありません。
上位グループでやっていけます。

 

反対に、上位で合格していても、
気がゆるんで、
最初のテストで悪い点を取ると
つらい3年間の始まりになります。

 

新しい先生、新しい友達、
新しい環境です。
全てはゼロから始まります。

 

だから、6月の最初の中間テストの
結果・順位はものすごく重要です。

 

「合格しても、ついていけるか心配」
だったら、
3月まで頑張るのではなくて、
6月まで頑張ってください。

 

志望校検討 よくある相談②

無理してもレベルの高い高校に
行った方が伸びる?

 

基本的に学校生活は、
上位にいた方が、
いいことが多いものです。
その方が、伸びやすいと言えます。

 

1つ上のレベルの高校の
下位3分の1の人は、
1つ下のレベルの高校の
上位3分の1の人より
高校入試時点では、
成績がよかったにもかかわらずに、

 

大学進学の成績では、
負けることが多くなります。

 

どの高校でも、
下位3分の1にいたら
なかなか伸びません。
楽しくもありません。

 

よくある質問①でも言いました。
無理してやっと入っても、
上位で入っても、
最初のテストでこけたらダメ。

 

最初のテストで、
「自分は上位だ」と感じられれば
うまくいく可能性は大です。

 

だから、
上位3分の1以内に入りやすい高校を
選択するという考え方もあります。

 

最初のテストまで、頑張って
上位3分の1以内に入れるように頑張る
という考え方もあります。

 

どちらの考え方が自分にあっているかで
きめるのが賢明です。

 

英語が苦手な人へ

過去問やっていても、
記号が何個あたるかなぁって感じが
正直な所だと思います。

 

さて、そろそろ高校生になった
後のことも考えてみましょう。

 

エッ?

まだ、合格してないのにって思った人。
その先のことをまったく考えない考え方が、
今の自分につながったんですよ。

 

今、入学後どうなるかを
考えていないことが、
高校での最初の失敗の始まりに
つながっていることに
気がついてください。

 

高校での授業が始まると、
どの科目もすぐに感じることは、

 

難しい 授業が速い

先輩たちの声を集めると、
英語・数学・化学で困る人が多く出ています。

 

最初でつまずくと、どうなるか?

 

よ~い、ドン。
スタートで、いきなりつまずいて、
顔を上げたら、
みんなの背中が遠ざかっていくのが見た。

 

もう本気で走ろうとは思いませんよね。
苦笑いしながら、
ゴールまで流すだけですよね。

 

そんな3年間にならないように
してください。

 

今、英語で苦戦している人は、
長文しか出ない入試対策として、
単語やテクニックで合計点を上げる
練習をしています。

 

でも、高校に行けば、
やはり大切なのは英文法の力です。

 

高校のハイレベルの英語に
対応していける中学の基礎力を、
まだマスターしていないことを
頭の隅には入れておいてくださいね。

 

合格して、入学まので間に、
そこを埋めておかないと、
高校で、また英語で辛い目に合うのは
今からわかることですからね。

 

さっき、高校での最初のテストまでは、
頑張ってくださいと言いました。
英語が苦手な人には、その第1歩は、
春休みの間に英語をやり直すことから始まります。

 

何回も言いますが、
最初のテストで、いい順番を取れれば、
自分の意識が変わります。

 

クラスの仲間が、
自分を見る目が今までとは違うと感じます。
それが、新しい自分のスタートです。

 

このチャンスは
新しい環境が始まる 
この春しかありません。

 

1回だけのチャンスです。

このチャンスを自分のものにして
進歩した自分になれる
有意義な高校生活にしてください。

その準備は、今 始まっています。

 

下の文は、
Maxの卒業生(高3女子)が
書いてくれたものです。
読んでみてください。

 

私は高校生になって周りから変わったと
よく言われます。

中学生の時は自分ではやったつもりでも、
成績に結びつかず、どうでもいいやという気
持ちがありました。しかし、心のどこかでは
高校生になったら変わりたいと思っていまし
た。

自己推薦で私立が決まった後、皆は公立の
入試までは真剣にやるのだから、その時まで
は、皆と同じようにやった方がよい。できれ
ば、6月の中間テストまでは頑張れと言われ
て、嫌だったけどやったのが良かったと思い
ます。

なぜなら、最初の中間で、自分では思って
もいないようないい成績が取れたからです。
クラスで4番。あの大っ嫌いな数学も、ク
ラスで7番。「わたしって駄目じゃない」

 

私が変わったのはそれからだと思います。
いい成績を取ったらもっと頑張ってみよう
という気になったからです。やはりイヤ
イヤやっていてはダメです。いい結果が出る
とまた頑張る気になります。それが、私が
変われた理由だと思います。

今では、部活の部長や生徒会の役員もやっ
ています。引っ込み思案だった中学時代の私
からは、本当に自分でも成長したなと思いま
す。

中1.2の時の、もう少し真面目にやって
おけばよかったと思っている人(私とおなじ
ような人たちに特に言いたいです)。
先生に騙されたと思って、高校の最初の中間
テストまでは、人より少しだけ本気で、やっ
た方がいいです。変われるチャンスです。

 

こんなことに
気がついていますよね。

成績がよい人は、
頑張る → いい成績 → 認められる
褒められる → 自信 → やる気アップ
→ また頑張る → またいい成績

という好循環を持っていました。
「できる人のサイクル」です。

 

高校では、
君にも「できる人のサイクル」に乗って
ほしいのです。
そのためにはどうすればいいか?

 

高校では、ほとんどが新しい友達です。
新しい先生です。

 

誰ができるとか、できないとか
最初はわかりません。
合格して入学した人たちには、
とても大きな学力の差はまだありません。

 

だから、
最初のテストの結果は重要なのです。
最初のテストの結果で、
クラスでの位置や評価が決まってきます。

 

ここで、成績がいいと、
周りから高い評価をもらえます。

 

先生や友達から高い評価をもらえると、
自分はできると自信が持て、

 

自己肯定できて、
「できる人のサイクル」に乗る
よいきっかけがつかめます。

 

だから、高校1年生のスタートは、
絶好のチャンスなのです。

 

逆に、スタートでつまずくと、
追いつくのは、今まで以上に大変です。
だって、みんな同じぐらい以上の力を
もっていますから。

 

3年後、
高1.2の時にもっとやっておけば・・・
と、3年前と同じ思いをしていては、
あまりに、悲しすぎます。
同じ失敗を何度もしてはいけません。

 

中1.2の時に、
もう少しやっておけばと感じている人は、
今度は、充実した高校生活が
うまく送れるように、
6月の最初の中間テストまでは、
特に意識して頑張って下さい。

 

そのためにも、
今 頑張って合格しましょう。

《先月号へ》

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。