中2生 1月 始動の準備はできたか。

家族で目標を決めました?

君の番がきました。冬休み中に家族とどんな一年にするか。
どの高校を目指すか。 相談しましたか。

もし、まだだとしたら、早くも出遅れ組です。
家族と自分の目標をしっかり決めて下さい。

「成績が上がったら考える」では失敗する。

毎年、成績が上がったら、考えるという人がいます。
しかし、ハッキリ言って、それは間違いです。
そんなことでは成績は上がりません。考え方の順番が逆です。

自分はこうなりたい。

自分はこうなりたい。だから頑張ると実行して、初めて成績は上がるのです。
上がったら考えるという人は何か大きな勘違いをしています。
考え方が甘すぎます。そんな考え方では上がりません。

決意して行動しないと事態は変わらないのです。
認識を改めないと早くも負けが決定してしまいます。

失敗する人の考え方

・今、部活が忙しいからできない。
・部活を引退したらやる。

と考えている。そして、こんな行動をしている。

○疲れたと言ってすぐに寝る。
○勉強と部活の両立の方法を考えない。試さない。
○時々「まずいな」と思っても行動は何も変わらない。

こんな人たちは、中3の夏以降、どうなるか?と言うと、真剣にやろうとしても、

○勉強の方法がわからない。
○基礎力もない。
○勉強習慣がないのでやろうと思ってもできない。なかなか伸びない。

 それどころか、夏以降、考え方がしっかりできて、やり方をマスターした人と大きな差ができる。
 成績が上がる人を見て、自分がイヤになる。そして、ますますイヤになり、ダメになる。

成功のポイント

部活をやりながらも、2年生のうちに、勉強習慣・勉強方法・時間を作るコツを身につける。
それが、以降の大きな力となって成績が上がる。

できない人の共通点

【覚える】を完璧にしない。

家で何をすればいいの?という声を聞くことがあります。
12月の面談でもよく出ました。改めて、確認しておきます。

赤マルつぶし  と  宿題 です。

家でやる一番大切なこと。それは、赤マルつぶし(できなかった問題をできるようにすること)です。
赤マルがついた問題は、自分ひとりの力で、できるようになるまで何度もで練習します。これが勉強の一番大切な所です。

◆ 「間違い直しノート」を作り、できるようになるまで繰り返し、紙に書いて練習する。
書かないのは勉強ではない。「面倒くさいはバカのはじまり

◆できたと思ったら本当にできるか、もう一度やってみる。
⇒できない時は、また練習からやり直し。できるようになるまで何回でもやる。この練習が勉強だ。

★注意:「頭でわかる」と「実際にできる」は別なことだ。
★注意:「1回やれば大丈夫」は大間違いだ。
★注意:ながら勉強は絶対に止めろ。

 

●英語 家でやること

①例文暗記練習。シャドーイング
毎日15分程度やる。
②テスト対策問題、英文法テキスト
宿題で出されたページをやる。英文は全文書いて、日本語訳をつける。
③赤マル問題つぶし
自分の勉強。やったものは塾に持ってくる。過去の赤マル問題にチャレンジする。

ノートの注意

① 教えてもらった文法
事項のまとめを作る。
② 赤マルの直し方
「○○○だから、□□□になる」という具合に正しい考え方も書く。ただ直すだけでなくその理由まで書くと上達が早い。

失敗するタイプの人のノート

特徴
●答えの部分だけを書く。⇒英文は全文書いた方がよい。⇒英文の意味も書いた方がよい。
●直しもただ正解だけを書く。もっとひどい人は、直しもしない。

成功するタイプの人のノート

特徴
●解答だけでなく意味も書く。⇒自然に単語力・読解力がアップする。
●間違い直しは、後から見てもわかるようにしてある。
●ポイントが整理されている。

数学 家でやること

●家でやること
① ドリルの練習
② テスト対策問題
宿題で出されたページをやる。途中の計算、考え方や図をかく。
③ 赤マル問題つぶし
自分の勉強。やったものは塾に持ってくる。過去の赤マル問題にチャレンジする。

ノートの注意
① 計算問題でも途中の式をしっかり書く。出来ない人ほど途中を書かない・書けない。
② 直しは、正しい考え方・図・表まで省略しないで書く。答えだけでは後で役に立たない。
③ 間違い直しはノートの別な所にもう一度始めからやり直す。まちがいを消しゴムで消すな!
  消さないで赤ペンでなぜ間違ったかのメモを書いた方が学習効果が高い。

失敗するタイプの人のノート

特徴
●答えだけを書く。 ⇒途中の式がいいかげんになる。⇒考え方が定着しない。⇒途中のどこで間違ったのか調べられない。
●間違いを消しゴムですぐに消してしまう。

成功するタイプの人のノート

特徴
●途中の考え方・式を省略しないで書く。
●間違った答えは残して、別の所に間違い直しをする。 正しい考え方や注意点を分かりやすくまとめてある。

《先月号へ》

◆鶴ヶ谷教室  ☎252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

◆幸 町 教室  ☎295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。