君は、10分で400字の英文を読めるか? 中2 11月

3年生のこの人の成績をどう思いますか。

実は、入試で一番大変な思いをするレベルの人の成績なのです。

 

エー??? 毎回400点を越えているのに。という声が聞こえてきそうですが、実は、そこに大変な思いをする原因があるのです。これぐらいの成績を取っていれば、普通、できないとはいいませんよね。

 

だから、公立上位校に行きたいと思うわけです。夏から模擬テストを受け始めて、びっくりするのです。「なんだ。この成績は・・・」これ本当に自分の成績か?信じられない。

 

はじめての模擬テストだから緊張した。この次からは大丈夫。
いままで、部活中心だった。夏からは、受験勉強始めるから大丈夫。なんて言うのです。

 

そして、中3の秋

志望校に届かない!!!

成績は夏から、上がってきている。でも、志望校の合格最低ライン60にまだ届かない。12月10日頃には、受験校を最終決定する。あと50日しかない。どうしょう。もうダメだ。 でも、あきらめたくない。

 

なぜ? 何が起きているの?

学校のテストと入試問題とのレベルの違いが、大きな原因です。英語を例にして説明します。学校の定期テストは、教科書が中心です。長文と行っても、数行程度です。しかも、すでに内容を知っている教科書の文です。読まなくても、何が書いてあるかわかっています。

 

公立の入試問題は、リスニングの問題が1題(約10分間)と残り40分で長文が3題です。長文は1題が300字~400字あります。時間配分を考えると長文1題に10数分しかかけられません。

 

1ページに100個の単語も出てこない教科書だけでは、絶対ムリ。教科書の短い文にしか触れてこなかった人には、400字程度の英文を10数分程度で、読みこなすのはムリ。

 

だから、先ほどの3年生のように学校の定期テストで、悪くない点を取っていてもいざ、入試レベルのテストになると、自分が思っていたほどの力がないことが明らかになるのです。困ったことです。

 

実際の入試問題です。

実際の問題を見てみましょう。

この英文を読んで、1~5の問題に答えます。時間は10数分です。こんな長文が3題出ます。教科書しかやっていない人には無理と言うのが、けっして脅かしじゃないとわかると思います。

 

と言っても、まだこんなこと言うのです。中総体が終わったらやる。多くの先輩たちがそう言っていました。そして、先ほどの3年生のような結果になったのです。

 

第一、中3の夏からは、理・社の復習が受験勉強の中心です。調べてみて下さい。地理の教科書は何ページありますか? 歴史は? それを全部覚えるのに、何時間かかりますか?

 

中3の夏からでは、とてもじゃないが、時間のかかる英語の長文なんてやっている時間はありません。

 

英語のテスト中は休憩時間

ついこの間、中3生が志望校判定テストを受ける様子を見ていました。英語が苦手な子は、見ただけでギブアップ。早々と暇そうにしていました。 見ていてもかわいそうでした。

 

まわりの人が、一生懸命に問題を解いている中で、自分だけ何もできないで、ボーっとしているしかないって、どんな気持ちなんでしょうか。

 

入試日 英語の時間 寝てしまった。

もっとショックな話を聞きました。なかなか信じられませんが、
入試では英語は、4時間目 お昼を食べた後です。なんとみんなの先輩で、入試の日、英語の試験中に、寝てしまった人がいたのです。

 

長文わかんないし、お昼食べて眠いし、気がついたら寝ていたそうです。当然、合格できるはずないですよね。

 

じゃ、どうすればいいの?

10分-400字のスピードを身につけないといけません。辞書を調べながら、2時間かければわかるでは、テストではバツです。どうしても、英語の長文読解の対策が必要なのです。

 

そこで、10分で400字の英文を読めるようになる方法。そんな方法を、次回のメール12月号で説明します。

《先月号へ》

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。