数学ができるようになりたい 中2 6月

●中2夏からの大ジャンプ・成績upの秘訣

中総体もおわったある日

一輝 : 先生、連立方程式の文章問題がわからないんですけど・・・
先生 : お前もか。きのう阿部も質問もって来たぞ。
一輝 : 阿部がですか?。ぜんぜん勉強してないって言ってましたよ。
先生 : そうか。
一輝 : 阿部、むずかしいの持ってきましたか。
先生 : ン。まあまあのレベルだったな。
一輝 : ボクの質問はこの問題なんですけど、阿部はこれできましたか。
先生 : まぁ、人のことはいいから。どれ、これか。
一輝 : そうです。

 

先生 : 速さの文章問題を考える時は、どうすればいいと授業中いつも 言っている。
一輝 : まず、表を作れって。
先生 : で、お前が作った表はどれ?
一輝 : エッ、やってません。
先生 : なに!! あのなア~。「できない」とか「わからない」とか言ってやめちゃわないで、やれる所まで、まず、自分でやってみん。そうすると、できるようになってくるぞ。
一輝 : 本当ですか。
先生 : 本当。いいか、この問題だって、ちゃんと表を作れば、むずかしくないぞ。まず、自分で表かいて、できるところまで、やってみろ。授業ノートの考え方のポイント①のところになんて書いてある。

 

一輝 : えーと。「表をつくって、問題の中に出てくる数字を表に入れる。次に聞かれていることを文字にして表に入れる」って書いてあります。
先生 : じゃ、この紙に表を書いてやってごらん。

一輝が質問してきた問題
10kmはなれたA、B両地がある。ある人が、A地からB地へ行くのに、A地から途中のC地までは毎時2kmの速さで進み、C地からB地までは毎時3kmの速さで進み全体で4時間かかった。A地からC地までをχkm、C地からB地までをykmとして、それぞれを求めよ。

 

一輝 : 先生。これでいいですか。

先生 : どれ。ん。よろしい。で、ポイント②は何だって書いてある。
一輝 : 「表の空いているところは、 を使って埋める」って書いてあります。
先生 : の使い方は、知ってるか。
一輝 : ハイ。大丈夫だと思います。
先生 : じゃ、ポイント②をやってみて。

一輝 : 先生。これでいいですか。
先生 : ン。いいよ。それで、AからBまで合計で何kmだ。
一輝 : 10kmです。
先生 : AからBまでは全部で何時間だ。
一輝 : 4時間です。
先生 : いいよ。完成した表の道のりと時間の欄を横に見るとどうなる。
一輝 : エエーッ。 道のりと時間の式が、できている。
本当に、これでいいんですか?
先生 : いいよ。

 

一輝 : 前に授業中、教えてもらったときも、思ったんですが、
本当にこんなに簡単にできちゃっていいんですか。
先生 : だから、Max流でやると、点が上がると言ってるだろ。「こんなにカンタン」と思うなら、先生が説明した通りやれよ。成績なんか簡単に上がるから。それとも、カンタンだから、
もっと難しい問題じゃないといやなのか。

 

一輝 : ちがいます。ちがいます。だって先生、速さの問題ですよ。
ボク、小学校の時から、ズ~~と苦手だったんですよ。
それが、こんなにカンタンって・・・
先生 : なんだ。できないほうが、いいのか。
一輝 : ちがいますって。学校だともっとむずかしいんですよ。
何 言ってっ かわからないんですよ。でも、先生の説明だと
簡単にわかる。なんか本当にこれでいいのかなァーって。

 

先生 : だから、考え方をしっかりすれば、表を使えば、
むずかしくないって、何回も言ってるだろう。
一輝 : 速さの問題は全部こうやればできるんですか。
先生 : できるよ。
一輝 : この表が使えるようになれば、大丈夫ですか。
先生 : 心配ない。 大丈夫です。 試してみるか。

 

ここに速さの問題が5題あるからやってみろ。
一輝 : 今ですか。
先生 : 今やる。表を書いて、式をつくるだけでいい。
その後の計算は、この次の授業の時に出せばいいから。
一輝 : わかりました。

 

<数分後>
一輝 : 先生、一応できました。
先生 : ハイよ。自信がないのはどれだ。
一輝 : そう聞かれると困るんですけど、・・・15分って時間にすると、 時間でいいですか。
先生 : いいよ。
一輝 : じゃ、もしかしたら、全部あたっているかも。
先生 : オー。どれどれ。

 

先生 : よ—し。全部できている。いいぞ。がんばったな。やればできるだろ。
一輝 : 本当ですか。先生、本当に全部あってますか。
先生 : できてるよ。
一輝 : 先生、本当に表を使うとカンタンですね。
先生 : やっとわかってくれた。Maxに来てるんだから、Max流でやれ。
一輝 : わかりました。問題読んで、いきなり式を作ろうと思うから、難しいんですね。問題が言っていることを表にしていくと、
ひとりでに式ができるんですね。

 

先生 : オー。本当にわかったじゃないか。
一輝 : わかりました。いつもこういう風に考えればいいんですね。先生が、いつも言っている困った時にどうするか?その考え方をマスターしろってこういうことですか。
先生 : その通り。

 

一輝 : ところで、先生、阿部は何を聞いてきたんですか。
先生 : どうして?
一輝 : だって、ボクには勉強してないって言ってたんですよ。
先生 : まぁ、2年生もそろそろ、賢い人は、やりはじめるからな。でも、「オレやってる」なんて、普通、言うか。そんなこと言うわけないだろ。
一輝 : そうか。
先生 : お前も最近、質問持ってくるの増えてるじゃないか。
一輝 : はい。3年生が部活、引退して、ヨーシ僕たちの番だと思っていた時に、「実は、勉強もこれからが本番。2年の内容が一番入試に出る」って先生言ったじゃないですか。なんかすごくなるほどって思ったん です。それで、少しやろうと思って。それに、昔から、速さの問題、嫌いだったし・・・。

 

先生、何ジロジロ見てんですか。
先生 : ン。お前、どんな顔して言ってんだ~と思ってなァ。
一輝 : ボクだっていつまでも、バカやってるわけじゃないですよ。
先生 : ほう。そうか。じゃ、しっかり見てるから頑張れよ。
一輝 : はい、わかりました。ありがとうございました。

 

中2後半からの成績アップ

その後の一輝は・・・・

勉強ってむずかしいと思っていたのに、ちょっとまじめにやってみたら思っているより簡単だった。速さの問題や食塩水の問題も先生に言われた通りに、表を書いてやると、「エッ。何コレ」ってほど、カンタンにできるようになった。今まで、できないと思っていたものができるようになるとうれしいし、なんか、ボクってやれそうって思うようになりました。

 

やった!! 先生。
合格しましたよ。ボク。

今、思うのは、中2の夏からまじめにやってよかったなと思います。それから「算数教室」※は効きました。やはり、中2の時に「勉強も本番」って思ってやったのがよかったです。ありがとうございました。高校でもまた頑張ります。 [合格後]

 

Max流 速さの文章問題の解き方

10kmはなれたA、B両地がある。ある人が、A地からB地へ行くのに、A地から途中のC地までは毎時2kmの速さで進み、C地からB地までは毎時3kmの速さで進み全体で4時間かかった。A地からC地までをχkm、C地からB地までをykmとして、それぞれを求めよ。

① 表を作る。

② 問題文の数字を入れる。

③ 聞かれている所を文字にして入れる。

④ 空いている所は、 を使って入れる。

⑤ 自動的に式が完成する。

これで、式が完成しました。難しくないでしょ。
どうです。文章問題だからって怖がらないで、いつも教えているMax流方法でやれば、絶対にできるようになります。

《先月号へ》

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。