中1生 2月アドバイス 次につながる?り方 

子どもを甘やかすと、よくない

面談でお話していると、
「子どもを甘やかすと、よくない」と
多くの方がお考えのようです。

 

実は、私も以前は、そう思っていました。

 

でも、
成績のいい子の親は
どうも「子どもに甘い」方が多いようです。

 

「エッ、そんなことまで・・・」って
思うこともあります。

 

一般的には
「子どもを甘やかすと、よくない」と
言われているのに。どうしてでしょう?

 

成績がいい子の親は
どう子どもに甘いのか?

たとえば、

□ 勉強の計画は親が立てる。
□ 勉強の準備は親がする。
□ プリントの管理も親がする。
□ 夏休みの宿題(工作の作品)は親がする。(小学生の場合)

 

成績がいい子の親の多くは、
こんなことまでしているのです。
甘いでしょ、これって。

 

普通だったら、こうじゃないですか。

「テスト前だから自分で計画を
立てなさい!」と計画をつくらせる。

 

「この通りに頑張りなさい!」
「自分でやるって作ったんでしょ。なんで守らないの」
「そんなことでどうするの?」と
イライラするわけです。

 

計画だけでなく、
自分の勉強の準備ぐらい、
自分でするのが当たり前。

 

もらったプリントを
管理するのも当然。子ども本人。

 

でも、このへんが少し違うようなんです。
子どもに何を望んでいるのか?
何をさせたいか?

 

それは、
「勉強すること」
「成績アップ」です。

 

だから、「勉強」の前後にある
作業(準備・計画・管理)は
「親が手を貸す」
「親がする」わけです。

 

子どもに何をさせたいか。
その優先順位の第1位
「子どもに勉強させる」を
徹底するわけです。

 

お子さんに何を望みますか?
お子さんにさせたい優先順位の
第1位は何ですか?

 

「自分のことは自分でする
子どもになって欲しいの」
との声が聞こえます。

 

それがご希望の方は、
それを優先順位の第1位に
すればいいのです。

 

「勉強は子どもの仕事。やるのが当然。
勉強の計画や準備をするのは、当たり前
じゃないか」って声も聞こえます。

 

確かにその通りです。
最終的にはそうなってほしいのです。

 

でも、
最終目標を、いきなり求めていませんか。

 

幼少の頃から、
「計画や準備は自分でする」を
優先順位の第1位にして練習してきたなら
話は別です。

 

それなら、小学生の高学年くらいになれば、
ちゃんとできる子になっています。

 

しかし、何の練習もしないで、
できるようになる子はいません。

 

優先順位をつけて、
1つ1つできるようにしていくことです。

 

「勉強」させたいなら、
勉強をする環境は、整えてやる。

 

自分のことを自分でしてほしいのなら、
そうなるように仕向ける。

 

「勉強」も「準備」も「計画」も
「管理」も「計画チェック」も
「早寝早起き」も、

 

「成績」や「テストの点数」までも
「全部やれ」と望むと、
かえって何も達成できなくしてしまいます。

 

何も練習して来なかったのに、
中学生になったからといって、
いきなりできるはずないんです。

 

「中学生だから、できて当然でしょ」って
言われても・・・
子どもの声を代弁するとそんな感じです。

 

「勉強する」を最優先に考えるなら、
子どもが、まだ自分でできない
勉強する前の「準備」や「計画」
「管理」に親が手を貸しているわけです。

 

この点は、とっても甘いのです。

 

お子さんに望む最優先事項はなんですか?
そこからスタートするのが、
目標達成の確実な方法です。

 

こんな言い方もできます。
成績のいい子は、
うちの親は言い出したら聞かない
と言い。

成績不振の子の親は、
うちの子は言い出したら聞かない
とこぼします。

何回言えばわかるの!

「いったい、何回言えばわかるの」
「何度叱っても、効き目がない」

 

よく耳にします。
言うことを、聞かないだけならともかく、
叱られるたびに、
いっそう反抗的な態度になっていく。

 

でも、別に驚くことではありません。
それが普通です。
私たちも同じです。子どもを叱って、
言うことを聞かせるのは難しい。

 

でも、上手な先生もいるんです。
今回はそんな先生のコツを
お伝えしましょう。

 

その前に
「失敗する叱り方」を3つ紹介します。

 

① 思い出したかのように叱る叱り方
子どもからすれば、
「いつもは同じことをしていても、
何も言わないくせに、今日はなぜ?」と
疑問を持つわけですね。

 

「ふざけんなよ」って、
倍返しの反感を持つことになります。

 

ご家庭では、お父さんが、お母さんに
頼まれて叱ったときなどに、
よく起こるのではないでしょうか。

 

② 意味不明な叱り方
「勉強しないなら、ご飯食べさせない」
「勉強しないなら、学校やめさす」とか。

 

子どもに、
「ハぁ~、何それ。意味わかんね」と
逆に強い反感を持たせてしまう叱り方。

 

「勉強しなさい」と言うのはいいですが、
「何を?」と子どもに反論されて、
具体的な指示ができずに、
親が詰まってしまったら、
そんな親の態度も、子どもから見れば、
「意味不明」。

 

選択を迫る叱り方は、
本当に実行する覚悟をした上でないと
効果はありません。

 

逆に、開き直られて、
本当に家出なんかされたら、
親の方がおろおろして、
怖くて何も言えなくなる。
もう完全に親の負けです。

 

③ 妙に丁寧な叱り方
声のトーンは低めに、
バカ丁寧に子どもを叱るのがこれ。

 

叱る側としては、冷静に叱ろうと
心がけているのでしょうが、
言われる側からすれば、
嫌味に聞こえてしまう。
もっともタチが悪く、
強い反感を持たせてしまう叱り方です。

 

「ママはあなたの頃は○○○だったわよ」
という叱り方や、子どもに気を使って叱る
タイプもここに入ります。

 

こうした叱り方の積み重ねにより、
子どもたちは、ますます反抗的な
態度をとるようになります。

 

叱り方の上手な先生の
「叱り方」はどうか?

叱られた子どもは、こんな感じです。
「あっ、それ。やっぱり言われたか」って
顔をする叱り方をします。

 

そう思わせるには、3つの条件が必要です。
☆理由が明快で、子どもが納得できる。
☆本気でストレート。
☆次の指示を明快にする。

 

1つ目
叱る理由が明快。子どもも納得。
このためには、
前々からのルールが必要です。

 

2つ目
本気でストレートとは、
感情的にドカ~ンでも大丈夫。
まさに雷が落ちたよう。
でも長時間、引きずらない。

 

重要なのは3つ目。
「次の指示を明快にする」

 

これをしっかりすれば、
反抗的な態度はぐっと減ります。

 

内緒話:
実はここまで準備してから
叱るのがコツです。
だから、感情的にドカ~ンって
やるのもお芝居のうち。

 

叱った時、
そのままの状態に長くいることは、
双方にとって非常に危険です。

 

だから、こちらから、
急に展開を変えるのです。

 

「すぐに、これをやれ」と
ルールに沿った次の指示を
具体的に明快に出すのです。

 

そして、できるまで見守り、
「よくやった!
やればできるじゃないか」と
評価してやる。

 

ポイントは、2つ。

① 自分の感情もキチッと転換すること。
② 指示した内容が、できる時間的な
余裕があること(双方に)。

 

ここは本当に大事なポイントです。
このポイントをはずすと、
叱る意味がなくなります。

 

怒る → 具体的に指示 →
→ 実際にやらせる → 確認して評価

 

子どもは叱られても、
救われる道があることがわかってきます。

 

子どもが次にやるべきことを
準備して叱りましょう。
子どもを良くしたくて叱るんですから。

《先月号へ》

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。