中学校で困らない勉強できる力を付ける 小6 11月

イヤ~、驚きました。

夏期講習中のことでした。初めて塾に来た中3生を相手に授業していて、新しいことを説明しているはずなのに、ほとんどの子がノートを書いていないのです。

 

「なんだ、もう知っているのか」と聞くと、「知らない」。「じゃ なんで書かないんだ」と聞くと、「エ~、書くんですか」。

 

次の日、前日の授業内容の復習テストをやると、20~30点のオンパレード。

 

「昨日やったじゃない。どうした?」と聞くと、「あれ、覚えるんですか」。

 

まったくどうなっているんだか。そんな子たちに、今までどうして勉強しなかったのと尋ねると、口をそろえて「やり方がわからない」。「やり方がわからない」というのはほとんどの場合、やらないことの言い訳だったんですが、

 

彼らを見ていると、「なるほど、これは本当に何したらいいかさえもわかっていないな。これでは確かにできるわけないよね」と妙な納得をしてしまうのです。

 

授業のノートを書く。これ中学生になってから身につける力でしたっけ? うちの子はどうだろうと不安を感じた方は、すぐに子どもの学校のノートを見て下さい。4月から、ノート何冊ぐらい使いましたか? 中にはほとんどページが、進んでいない子もいるようですよ。

 

さて、さて、「ノートをまとめる」そんな高級(?)な話ではなく、覚えるために書いて練習する。そんな基礎的な習慣さえも、ままならない状態になってきています。

 

中学校の勉強は覚えることが全体の8割以上を占めます。だから、覚える力がない子は、中1の夏過ぎあたりから勉強についていけなくなります。

 

こんな子は、中1の始めに、英単語を覚えるために、実際に練習させると5分もやると手が痛いと言い出すのですぐにわかります。

 

以前は少数派だったんです。でも、最近は主流派と言っていいぐらいに勢力を拡大してきています。

 

小学生のころを思い出してみると、子どもの頃、小学校の先生に漢字の練習とかたくさんやらされませんでした? 「きたない、もう一回やり直し」なんてよくやられました。文句言いながらやっていましたよ。私は。時には、目に涙をためながら。

 

どうして、今、やらなくなったんでしょうかね。やらされている時は確かに辛かったのですが・・・。教える立場になってみて、わかりました。必要ですよ。 あれは。単に、漢字の書き取りとか、字をきれいにするとかという以上の価値があったのです。

 

それは、何かというと、中学生になってから、「きたない書き直し」なんて子どもが真面目にやると思いますか。「なんでこんなことするんですか。きたなくても間違っていなければいいと思います。意味わかりません。」なんて子どもの文句が聞こえてきます。あれ。これ。 昔の私の台詞だったかな。

 

でも、でも、書いて覚える習慣を身につける時なんて、小学生の時を逃したら、他にないんです。中学生になったからと言って、自然に身についたりしません。むしろ、バカバカしく思い、ますますやろうとしなくなります。そして、成績はいつになっても低空飛行のままです。

 

それでも、ラクをして見て覚えようとするだけ。そして、先の中3生のように、「何したらいいかわからない」なんて平気で大きな顔して言う子になってしまうのです。

 

そうです。昔の漢字の練習は、国語や漢字の学習のためだけでなく、勉強ができるようになる力・覚える力を養成するために、やっているという隠された意味があったのです。あの時、そうと知っていれば・・・

 

英語で、
「勉強できる力」も同時につける!!

という訳で、本格的に英語がスタートしましたが、英語のためだけにやっていたら「頭わる」って感じです。Maxは、もっと欲張りです。

 

中学校での勉強がうまくいくための「勉強できる力」「覚える力」をつけることを目的にやります。そしたら、小学生の時に身に付けたかった力も、中学生の最初の学習も一石二鳥です。

 

ほとんどの子が、「覚えるために書いて練習する」という能力や方法を身につけずに、中学生になります。これ現実です。しかし、この状況から早く脱出しないと、中学の勉強は、上手くいきません。中学の勉強はまず覚えることから始まるからです。

 

英語・社会・理科だけでなく、中学生の場合、数学も考えることより覚えることが多い科目です。だから、英語のスタート時点で、覚える力を育てる勉強方法をマスターすることが、中学での勉強の成果を確実なものにします。

 

Maxの英語の初期段階の授業では、中学で絶対に必要な「覚える力」を、英語の勉強の方法を通して、身に付けられるようにしてあります。英語の初期段階の授業は、中学での勉強方法の習得のためにやっています。

 


小学生~高校生までを教えているからわかる、考える力を伸ばす算数のポイント・ずっと伸びていけるポイント。

角柱と円柱の体積

最後の重要単元・「比例と反比例」を前にして、少し休憩的な単元です。図形は、用語・公式を覚えて、自分で図を書いて感覚をつかむことです。

底面積 : 角柱や円柱の1つの底面の面積のこと。
角柱の体積=底面積×高さ
円柱の体積=底面積×高さ

問題 次の角柱や円柱の体積を求めなさい。

 

およその面積

もとの形を三角形や四角形とみて考えます。

問題 下の図のような形をした土地があります。面積はおよそ何m2ですか。

 


小学生~高校生までを教えているからわかる、考える力を伸ばす算数のポイント・ずっと伸びていけるポイント。

比例と反比例

子どもたちにとっては、「2つのともなって変わる数の関係」はつかみにくいものです。この関係をよく理解させるのに効果があるのが対応表です。問題の一つ一つに対して対応表を書かせます。

 

ポイント:比例・反比例は対応表を書くことからスタートする。
比例:xの数が2倍,3倍……になると、yの数も2倍,3倍……になる関係。
① 対応表を自分の力で作る。
② 対応表からxとyの関数を式にする。

 

問題 : xとy に下の表のような関数がある時、x とy の関数を式で答えなさい。

問題:下のグラフからx(㎗)とy(円)の関係を式で答えなさい。

応用問題も対応表で考える

問題 : ある鉄の棒があります。この棒を14cmの長さに切って重さをはかったところ、2100gありました。この鉄の棒の長さをx cm,重さy gとしてxとyとの関係を式で表しなさい。

反比例も同様に、対応表を作って進めます。

 

 


小学生~高校生までを教えているからわかる、考える力を伸ばす算数のポイント・ずっと伸びていけるポイント。

場合の数

場合の数には2通りあります。【並べ方】と【組み合わせ】です。まず。問題が並べ方なのか組み合わせなのかを見極めること。後は、どちらも重なりや落ちがないように丁寧に書き出すことです。ここでも書くことを面倒がってはいけません。

 

【並べ方】:最初にくるものを決めて、樹形図をかいていきます。

問題 3, 4, 6, 7の4枚のカードから3枚を並べて3けたの整数を作ると、偶数は全部で何通りできますか。

 

【組み合わせ】:表をつくって、数える。

問題 A,B,C,Dの4チームが試合をします。どのチームとも1回ずつ試合をすることにすると、全部で何試合ありますか。

 

 


小学生~高校生までを教えているからわかる、考える力を伸ばす算数のポイント・ずっと伸びていけるポイント。

量と単位のしくみ

単位の変換で困る子がたくさんいます。特に時間と分の換算で、30分を0.3時間にする子が多い。もう本当に、こんな間違いも卒業にしましょう。そのために、新しい方法を紹介します。単位の変換も比を使うと、子どもたちは簡単に処理できるようになります。

 

問題 : 0.03m3は何リットルか。

1m3=1000リットルを、比を使って、1m3:1000リットルとします。

問題 : 20分は何時間か。

 

子どもたちが大の苦手とする、時間⇔分も、比にするとスムーズに進めます。

 

《先月号へ》

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。