合格するのはオレだ! これだけやった。 落ちるはずがない!!

覚えていますか。夏のロングラン。

「忘れるわけないじゃないですか!」「あんなに勉強したの初めてなんだから」「忘れろって言われても絶対に忘れられません」という声が聞こえてきそうです。

あの時から「使ったルーズリーフは捨てずにとっておけ」と言っていましたね。今、それを積み重ねてみましょう。

さて、どのぐらいの厚さになりましたか。

重ねてみて、その多さに、自分でビックリする子もいますが、その多さが君が努力した証です。

















その努力は君を裏切りません。必ず応えてくれます。

 

「オレが合格できなくて、誰が合格できるんだ」と強い自信を持って本番に臨みましょう。 ふと不安がよぎったら、そんな時は、使ったルーズリーフ束の写真を見ます。これだけのことをやってきた人は、この試験会場にもそうそうはいないと強気を取り戻します。

そうです。やれるだけのことをやりつくして、今、この場に来ている人はほんの一握りです。そして、安心しなさい。あなたはその中の一人です。それだけのことをやらせて来ましたから。だから、合格できます。

さらに、もう一つ。ある先輩に聞いたこんな話を紹介しておきます。

その人は、もう社会人になっています。高校生の時、大学受験の時、就職する時、そして社会人になった後も、凹んだ時があると、中3の時のリーズリーフの束をダンボール箱から取り出して、しばらく思い出に浸るそうです。

そして自分に向かって、「私はこれだけのことをやってきた。だから今回も、私にできないはずはない」とか、「今、あの時ほどは頑張っていない。これじゃダメだ。もっと目標に向かってしっかり進もう」とか。

Maxには、後日、遊びに来てこんな話をしてくれる先輩達が多いのです。是非、是非、みんなも参考にしてください。この1年の頑張りは、将来、何かに困った時や凹んだ時などに、必ず自分を支えてくれる土台になります。

その土台を作ってあげたくて、土日や祝日を何度も削って一緒に頑張ってきたのです。頑張った証拠品のルーズリーフの写真を撮っておきましょう。将来、必ず役に立つときがあります。

 

使用したルーズリーフの写真を撮ろう
すべてを積み上げて下さい。どの位の厚さになりますか。結構ビックリする厚さになるはずです。その厚さが、まさに、自分が頑張ってきた証です。

積み上げたルーズリーフの厚さがわかるように(定規を脇においなどして、)写真を取って、その写真をマックスに返信してください。携帯に送ったメールに返信する形で送ってください。

携帯の中にもその写真を残しておいてください。 本文にあったように自分を励ます材料になります。

<先輩の例>  注意:厚さがよくわからないので、脇に定規を置いて、厚さがわかるようにしてください。

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。