成績アップ 志望校合格 成長のために 今年も頑張ります


今年もエンジン全開。
ガンガンやっていきます。よろしくお願いします。

今年もついつい全部、見てしまいました。箱根駅伝です。彼らが走る20kmについて、
「つれづれなるままに」、「心にうつりゆくよしなしごとをそこはかとなく」書いてみました。お付き合い下さい。

選手たちは、みんな20Km以上走ります。しかも1時間程度で。よく走るなぁと関心します。私なら、絶対 車で移動です。
震災の時、どうしようもなくて20kmを数時間もかかって歩いて帰った方もいらっしゃる事と思います。
20km本当に遠かったですよね。

今回は、この20kmを、縦にして考えてみましょう。

すると・・・・

世界で一番高い山。
ヒマラヤ(チョモランマ・サガルマータ)の標高が8848mです。
酸素は、地上の約3分の1です。酸素が薄くて、酸素ボンベなしでの登頂はきわめて困難です。人が住めるほどの酸素がありません。

一方、
世界で一番深いところは、マリアナ海溝のチャレンジャー海淵で10920m。深海は、未知の部分がたくさんありますが、
原始的な嫌酸性の微生物(酸素が嫌いな微生物)が、生息していることはわかっています。つまり酸素はほとんどありません。

 

何が言いたいのか?

人間が、われわれ生命が生存できる範囲は、広いように思えますがこうしてみると、意外や意外。すごく薄い。
地表から上下に10km程度。つまり幅20kmの間しかないってことなのです。
箱根を走る選手たちが、1時間ぐらいで走ってしまう幅の中でしか、私たち生命は生きることができないってことです。

計算してみましょう。地球の半径は約6360kmです。計算しやすいように約6000kmとします。
そうすると、20kmは、20km÷6000km×100で、たった0.33%です。

これが、どのぐらい薄いかと言えば、お手元に30cmの定規があれば、改めて見てください。

0.33%は、30cmの定規で1mmです。
つまり30cmの定規を地球の半径とすると、生命が生存できるのは、その表面の1mmの中だけと言うことです。

薄いなんでもんじゃありません。生命が存在できる範囲は、本当に本当に限られていることがわかります。
「生命の星・地球」なんて言うから、地球丸々1個に生命が住めるような気がしますが、実はそうではありません。

子どもたちのいろいろな反応

●「あと30年以内に宇宙で生命発見かと言われているけど、その可能性が減った気がする。」

●「生命って、その範囲の中でしか生きられないんでしょう。怖いですね」

●「やっぱり。生命の誕生って奇跡なんですね」

●「そんな薄っぺらなところに、人、多すぎませんか。」

●「そんなに薄いのに空気を汚したら大変なことになるんだ。」

●「そんなに薄いから、すぐに温暖化するんじゃねえの。」

●「人間ってバカですね。こんな狭い中で、昔から争いを続けているなんて」

●「そんなに狭いところに、放射能充満したらヤバイじゃないですか」などなど。

同じ話でも、科学的な面から捉える子、社会的な面から捉える子、反応のしかたや興味の持ち方で、さまざまな適性が感じられます。
そんな時に、「オオ~。 大きく伸びていけよ!」って感じるんです。

私たちの授業時間は長いので、子どもの特性や基本的な志向をつかんで指導することができます。授業中もできるだけ話を膨らませて、
問題を解くだけでなく、できるだけニュースと教科書をつなげて話を展開しています。

今年もがんばって、子どもたちを伸ばしていきます。よろしくお願いします。


小4生 1月のアドバイスへ

小5生 1月のアドバイスへ

小6生 1月のアドバイスへ

中1生 1月のアドバイスへ

中2生 1月のアドバイスへ

中3生 1月のアドバイスへ

◆鶴ヶ谷教室  ?252-0998
989-0824 宮城野区鶴ヶ谷4-3-1

幸 町 教室  ?295-3303
983-0836 宮城野区幸町3-4-19

マックス動画教室

電話でのお問合せ AM10:30~PM22:30

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。