合格屋マックス 成績が上がる動画教室 代表値

代表値って何?

AグループとBグループの成績を比べるときに、どうしますか。

Aグループは、だいたいどのぐらい。それに対してBグループはだいたいいくつ。 だからBの方が~と比較しますよね。その「だいたいいくつ」のことを、数学では『代表値』と言います。

『代表値』には、3種類あります。
1つは小学校でならった『平均値』です。残りの2つは、今からやる『中央値』と『最頻値』です。3つとも、『代表値』です。簡単に言えば、「だいたいいくつ」を表しています。

 

範囲と平均値

中央値

最頻値

代表値

相対度数

ついでに、「相対度数」で困る人がいるので、一言いっておきましょう。

相対度数とは、その階級のデータ数が、全体のデータ数の何%かという考え方です。

%ですから、Max流で比にしてやってしまいましょう。

全データ数が400個あって、問題にしている階級に120個のデータがあるとき、この階級の相対度数は、

(全体のデータ数):(その階級のデータ数)=1:x     で計算できます。

この場合は、 400:120=1:x  400x=120   で、x=0.3になります。

 

0120-373736(スマホの方は、クリックすると電話できます)

鶴ヶ谷教室:宮城野区鶴ヶ谷4-3-1
幸町教室: 宮城野区幸町3-4-19

信頼度抜群の先生が、君を目標地点まで連れて行きます。保護者の信頼がMqxな面白い寺子屋な塾。